裏庭のイド
嘆き・つぶやき・時々わんこ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
20150706
話し方と表情で当人より早く躁転の兆しに気づく旦那氏すげぇ。

当人が楽しそうにしてる時ほど
「それは危ないから気をつけろ。」と
言わなければいけないのは
とてつもなく辛い役割だろうと思う。
自分の妻がそういう生き物だと受け入れることだけでも
私には見せない相当な苦悩があったに違いない。

この人で良かった、と思う反面、
この人の人生を台無しにしてしまったという罪悪感。
でもそれを抱く私を知ったら、きっともっと苦しむことになる。

だから素直に
「ありがとう」
と思うことにする。
[2015/07/06 18:42] | 双極性障害について | コメント(0) |
前のページ
プロフィール

TALA

Author:TALA
表向き「飼い主」という設定で
ロビンという名のキャバリアに
お世話されているパラサイト主婦。
毒にはなりますが薬にはなりません。
ネガティブで腹黒でひとでなしです。

いくつになったの

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

ペット人間化メーカー

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。